【日用品リスト】

5〜8枚
2〜3本
7日ローテ分
1セット
寝巻き・半ズボンなど
フリース・トレーナーは現地調達
温泉・海などで使用
■Tシャツ
■ズボン
■下着類
■パジャマ
■ジャージなど
■長袖(冬物)
■水 着
<メ モ>
春夏の季節が多かったため、
夏服を中心にパッキングしました。
冬物はフリース・トレーナー・ウインドブレーカーの重ね着などで対応しました。
フリースはともにボリビアで1枚ずつ新たに購入しました。
水着は、温泉や海・プールなど、使う頻度はそれなりにありました!!

【衣類リスト】

石けん・ナイロンタオル・垢すりタオル・粉シャンプー・粉リンス・折りたたみマグ
歯ブラシ・ひげそり・髪どめ・ヘアタオル・ハンドタオル・バスタオル

爪切り・とげ抜き・生理用品・トイレットペーパー(芯抜き)・ポケットティッシュ
綿棒・耳掻き・除菌クリーナー(ウエットティッシュ)・体温計

洗剤・洗い板・ブラシ・ひも(干す用)

クレンジング・石けん・キラキラジェル・スプレー・パウダー・ファンデーション
アイブローライナー・アイライナー・アイシャドー・チーク・口紅・リップライナーなど

頭痛薬(バファリン)・風邪薬(ジキニン)・胃腸薬(百草丸)下痢止め・炎症止め
虫刺され(マキロン・蚊取り線香)・乗り物酔い止め・バンドエード・正露丸
レスキューレメディー・歩かリスエットなど

日焼け止めクリーム・サングラス・帽子

コンタクト消毒液・コンタクトケース・眼鏡

サンダル・裁縫セット・電卓・折りたたみ傘・筆記用具・方位磁石・防犯アラーム
ピクニックシート・フォーク・ミニライト・南京錠・チェーンキー・ノート

■お風呂セット


■サニタリー


■洗濯セット

■化粧品


■薬 品



■日焼け止めグッズ

■コンタクト関連

■その他


■ その他の持ち物リスト ■

旅への不安解消のためにと思っていましたが、自分で感じることが一番!!
情報が厳選されすぎているため、実際歩いて使ってみるとまだ歩き方の方が便利。
ドミトリーなどに宿泊しなかったこともあり、使う機会はありませんでした。
もしもの時にと思っていましたが、今回の旅行では出番はありませんでした。
Wifi(無線LAN)あるいは、USBを使っていたので、出番は1度しかありませんでした。
■旅行体験記の本
■るるぶ「アメリカ西海岸」
■シーツ
■ピクニックシート
■モジュラーケーブル

■ あまり役に立たなかったアイテム ■

必要かなと思っていて、意外と使う頻度がほとんどなかった持ち物をご紹介します。

写真データが莫大になるため、保存するのにあったら理想
ふと連絡を取りたい時にリストを持ってきておくと何かと便利かも
私たちが一番信頼しているガイドブック。情報が正確なのが嬉しいところ
スペイン語版は持っていきましたが、ブルガリア、エジプトでも大活躍していたかも。
南米・スペインを旅行するのであれば、1冊あるととても参考になるのかもしれません。
かみそりで十分ですが、髭剃りを持ってきていたら楽だったかなあと…。
2人ともパソコンを使うため、2台あったほうが気を使わなくて済んだかも(笑)
新生銀行は手数料がない代わりにレートがあまりよくなかったので…。
ここぞという時にあったら…。やっぱり日本が一番進んでいると痛感しました。
最近コンタクトが見えにくくなってきてしまい、コンタクトケアの大切さを感じています。
使い慣れた文房具が他国では売っていないのに加えて、日本は安くて質が高いです!
■外付けのハードディスク
■友達のメールアドレス一覧
■Lonely Planet(理想は日本語版)
■ブルガリア・アラビア語の「指差し帳」
■スペイン語の文法書
■240V対応髭剃り(晃一郎希望)
■2台目のパソコン(美穂希望)
■キャッシング用のクレジットカード
■健康ドリンク
■コンタクトのタンパク除去液
■日本の文房具

■ あったらきっと役立っただろうなあというアイテム ■

旅をしていて、日本にあるもので現地にはないものも結構あります。「あったらいいのに」と思った持ち物をご紹介します。

皆さんからの感想もお待ちしています。
お気軽に書き込んでくださいね!!

nogutti@gmail.com

ここ旅「HOME」

1年間の旅行となると、地域も気候もさまざまなので、持っていくものも悩むと思います。しかし、最終的には要るものと要らないものがはっきり分かれてきました。また、現地調達もできるので、過敏に心配することはありませんが、「あればいいのになあ」なんていうアイテムなども記しておきます。

ワンワールド世界一周航空券ビジネスクラスで行く
「夫婦世界一周旅行」旅の持ち物編

Cocochiyoi-tabi

世界一周の持ち物をご紹介します!!

■証明書




■チケット


■お金関連


■その他

【晃一郎】 mont-bellの「クアトロパック60」 18,000円
高さ67.5×幅7.5×奥行き22cm、重量4.07kg
カラーはダークマラードで完売の商品を何とかゲットできました!!
容量が多く、見た感じも素敵なデザイン。キャリアも使いやすいです!!

【美 穂】 Solo-Tourist 55Lバッグ 19,800円
高さ60.0×幅3.6×奥行き21cm、重量3.15kg
リュックとセットになっているのが嬉しいポイント。
背中にもチャックがあるので、いざという場合の荷物も助かりました。
(写真左=クアトロパック60、写真右=55Lバッグ)

荷物をスムーズに運ぶことができ、肩や腰にも負担をかけないように、キャスター付きのトラベルバッグにしました。

【実際に使ってみて(デメリット編)】
・クアトロパックはの
最上部の取っ手が、つなぎ目が弱いせいか途中で切れました。
・クアトロパックの
ポシェットをバッグに付けて運ぶことは、あまりありませんでした。(盗難対策上)
・55Lバッグの手すりに他のカバンを引っ掛けることができますが、引くときに
手に重みがかなり増します。
・55Lバッグは黒色なので、飛行機の手荷物から出てくるとき、
目印があると間違えられないと思います。

■ 旅行カバン ■

■ 最重要アイテム ■

旅をするのに絶対不可欠な貴重品で、常に注意を払わないといけない持ち物と思います。

・パスポート 戸籍謄本
・イエローカード(黄熱病) 予防接種証明書
・運転免許書 国際運転免許書
・海外保険証書

・航空券
・マイレージカード(フィンランド航空)

・T/C 現金 クレジットカード
・キャッシュカード

・各種コピー(特にパスポート)
・証明写真(顔写真)

■ あると絶対便利なアイテム ■

旅をするのに、「持っていってが断然役立った」という持ち物をご紹介します。

【AV機器】

Panasonic Let's NOTE
Nikon D70
Panasonic LUMIX / FUJIFILM FinePix F420
SHARP カラー辞書ほか
Apple i-pod nano
日本のシムカード携帯
ミニ三脚、USB-Clip、カードリーダー
DVDRW(私たちの場合はDVD-RAM)
■パソコン
■一眼レフ
■デジカメ
■電子辞書
■音楽機器
■携帯電話
■付属アイテム
<メ モ> 
パソコンは今回の旅のために、「Let's NOTE」を新たに購入しました。
1300gという軽さと丈夫さはバッチリ!!
カメラはD70とミニデジカメを2つ持っていきました。
望遠レンズはサファリでで大活躍しました!!
携帯電話は日本で使用していた
携帯をシムロック解除して使用しています。
USB-Clipはネットカフェでブログやホームページを更新したい時に非常に有効でした。
写真データの保存用に、お金に余裕があれば、
ハードディスクがあると非常に便利かもしれません。

【日本グッズ】

■手拭い
■扇 子


■風呂敷
■番付表
■折り紙
蚊取り線香柄など多数
京都名扇「白竹堂」
岐阜「オゼキ」長良川の鵜飼
その他お土産用に多数
ちりめん
千代の富士時代から琴欧州まで
美濃和紙製
<メ モ> 
手拭いや扇子は、
お礼になった人への贈り物として役立ちました。
番付表はお礼になった人の中でも、
   日本に興味のある人に感謝の気持ちとして渡しました。
ブルガリアでは、琴欧州の番付表を渡しました!!
折り紙は子どもたちとコミュニケーションを図るのに役立ちました。
■ウインドブレーカー
■ミニライト
■アーミーナイフ
■室内用スリッパ
■ポケットティッシュ
ウインドブレーカーはモンベルのゴアテックスを買いました。
雨の日、寒い日、ちょっとした上着として大活躍しました。
アーミーナイフは缶切り、栓抜き(ワインも含む)付きのものをオススメ。
スリッパはサンダルなど水に濡れても良いものが使い勝手抜群!!

【衣類・日用品など】

■クッキングヒーター
■ステンレスマグカップ
■お箸
<メ モ>
クッキングヒーターとステンレスのマグさえあれば、
インスタントラーメンをはじめ、パスタ、ご飯などなど、
キッチンがないホテルでも仮自炊することができました。
もちろん、紅茶やみそ汁、スープを飲みたい時も、
お湯を沸かすことが簡単にできるので重宝しました!!
■ドライヤー
■計算機(携帯でも可)
■携帯用ラジオ
■水着・バスタオル
■風邪薬(常備薬)
<メ モ>
万年筆は晃一郎の職場の先輩からの餞別で、初めて所有。
御守は3種類。晃一郎がこれまでの旅でかかさず持って行った京都・上賀茂神社の御守。
2人の縁結びをしてくれたと信じている京都・鈴虫寺のお地蔵様の御守。
京都の友達、マルコ&暁子夫婦からの餞別・延暦寺の御守。

■万年筆

■お守り


■ ラッキーアイテム ■

特に目に見える形で効力を発揮するわけではありませんが、心の中のお守りとしてのグッズをご紹介します。

日本限定「サムライ」

上賀茂神社「旅行安全御守」
鈴虫寺「幸福御守」
比叡山延暦寺「御守」

※黄熱病は、ケニアからエジプトに入る際に提示しました。

サイトマップ