nogutti@gmail.com

ここ旅「HOME」

世界一周する前に、どうしてもいろいろな手続きが必要です。私たちも手探りの状態で申請したり、手続きをしたりしました。このページの方法がベストかどうかわかりませんが、今のところ、何もなく平穏なので、きっと良かったんだと思っています。参考になりましたら幸いです。

ワンワールド世界一周航空券ビジネスクラスで行く
「夫婦世界一周旅行」申請書類編

Cocochiyoi-tabi

皆さんからの感想もお待ちしています。
気軽に書き込んでくださいね!!

手続きをしっかりして出発しましょう!!

■ 免許書・申請書類 一覧 ■

申 請 状 況 申請機関 申請時期 メ モ
住民票 海外在住 市役所
総務課
月初/月末 (年金、健康保険申請との兼ね合いから)月初めに転出届を提出しました。
年 金 カラ期間 市役所
年金課
月初/月末 転出届けを先に提出してしまったため、自動的に処理されると言われました。本来は年金手続きをした後に住民票の手続きをしたほうが良いと市役所の担当者が教えてくれました。
健康保険 海外保険 市役所
国民健康保険課
離職日翌日 住民票の転出届を提出した時点で消滅します。
雇用保険 申請せず ハローワーク −−−− 出発までの期間がほとんどないため、雇用保険の申請は当初から断念していました。自己都合による退職の場合、申請から3カ月待たなければ受給が始まらず、さらに、受給後も毎月1回(計3カ月)ハローワークに足を運ばないといけないので、その6カ月の日本での生活費や生活スタイルを考えると、世界一周に旅立ったほうがいいと判断したためです。
免許書 そのまま −−−−−− −−−− 私たちは幸い、帰国まで更新期間が残っていたため、更新などの手続きは不要でした。もし更新時期が世界一周期間と重なる場合は、出発前に更新手続きをする必要があると思います。
海外免許証 申 請 免許センター 出発直前 顔写真(5cm×4cm)が必要。即日発行してもらえます。有効期間は1年なので、出発ギリギリに申請したほうがいいかもしれません。
アパート 家 族 −−−−−− −−−− 住んでいたアパートは晃一郎の妹に住んでもらっているため、家賃、電気、電話、水道、ガスの引き落としなど、状態はそのままです。衣類や書類は実家に移動しましたが、家具や家電もそのままにして出発しました。帰国後は未定です。
乗用車 家 族 −−−−−− −−−− 晃一郎は妹に譲り、美穂は父親に託して出発しました。自動車保険は晃一郎は妹に名義変更、美穂は保険を一時休止にしています。帰国後、保険を復活してもらいますが、その際は前の等級のまま再登録できるそうです。
携帯電話 解 約 旧ボーダフォン 出発直前 2人とも、ボーダフォン(現ソフトバンク)を使っていましたが、休止できないと言われて、解約しました。厳密に言うと、ロングプランで契約していたので、出発の時点で契約を破棄すると契約違反になり、罰金が必要でした。そのため、契約解除のできる出発して2カ月後に、家族に解約手続きをしてもらいました。それまでは一番安いプランに変更してもらい携帯代を支払いました。幸い、海外ローミングできる携帯だったため、解約までの間は、海外で「受信用の携帯」として使っていました。
海外保険 1年間 AIU海外保険 出発直前 1年間で病気は無制限にしました。詳細は下記の項目にて。
キャッシュカード 新 規 新生銀行 2カ月前 海外のATMで使える「Plus」と提携している新生銀行で作りました。詳細は下記の項目にて。
クレジットカード 新 規 JAL/DCカード 在職中 マイルのポイントを考えて、JALカード(DCカード)を作りました。在職中のほうが取りやすいので、早めに手続きをしました。
マイレージカード 新 規 フィンランド航空 1カ月前 ワンワールドの世界一周航空券を利用するので、どの航空会社からも125%(ビジネス)加算されるフィンランド航空にしました。当時、JALがワンワールドのアライアンスに入っていれば、もちろんJALで作りました…。

■ キャッシュカード ■

「Plus」と提携している新生銀行を選択しました。現金は海外のATMで引き出せます。アルゼンチンではPlus提携の銀行が少なく、引き出せないことが多かったです(ブエノスアイレスを除く)。手数料はかかる銀行とかからない銀行がありました。ショップの中にあるATMは手数料を取られるケースが多いです。レートは極めて悪いので、少し覚悟が必要かもしません。人によっては「三井住友銀行」のキャッシュカードを作った旅行者もいました。高額の場合はVISAなどのクレジットでのキャッシングのほうがレートがいい場合が多かったです。T/Cは100USDだけ手持ちで、アメリカで使い切りました。現金は約100Euro手持ちで持っていましたが、南米、アフリカではUSDの現金が有効でした。

■ クレジットカード ■

新生銀行で開設
JAL/DCカードにて

よりマイルを貯めるためにJALカードにしました。参考までに海外で手持ちのカードはそれぞれ3枚。そのうち、1枚は有効期間が残っているものの実際は解約しているカードを持っています。理由は、海外でホテルを予約する時に、クレジットカード番号を知らせなければならないケースが多いためです。

【新生銀行】
http://www.shinseibank.com/
【JALカード】
http://www.jalcard.co.jp/index.html
【DCカード】
http://www.dccard.co.jp/

AIU保険と契約

■ 海外保険 ■

保険はあくまでの保険なのですが、旅行中に余計な心配はしたくないと思い、疾病になった場合の保障を「無制限」にしました。そのため、保険料は1人16万円(1年間)と高額になりましたが、海外で仮に病気にかかって病院にお世話になった場合、金額的な制限がないということで、安心を買いました。もちろん、この結論に至るまで、少々時間がかかりました。無制限で必要経費と見る晃一郎と、少しでも出費を抑えようと努めている美穂。二人で最後の最後まで話し合った結果、美穂が折れる形で、今回の保険加入になりました。

■契約タイプ 916
■死亡・後遺障害
■CSL治療救援
■疾病死亡
■賠償責任
■携 行 品
■寄託手荷物遅延
■飛行機遅延

200万円
無制限
1,000万円
1億円
30万円
10万円
3万円

サイトマップ